Sunday, August 10, 2014

童(わらべ)



今年はじめに雑誌「デジタルカメラ・マガジン」で入選した写真です。

こういうの載せるのってどうか知らんと思ったんですけど。



写真をコンテストとかの為に撮っているわけではないけれど

自分の立ち位置とか身の丈とかそういう感じのことを
自分ではなかなか計ることが出来ないので

たまには客観的にそういう事を知るために応募したりします。


写真を誰かに見せるとか、見てもらいたいとか
そういう風なことを思った時仲間とかに見てもらったりというのも

それはそれで、意味のあることなんだと思うのです。

ただただ客観的に、その写真は「見られる」という視点ではどうなのか?
そういうことを知りたくなる欲求にかられるので、

俗にいうコンテストというものへの、いろいろな意見はあるのだけれど
そういう場に出したりするのです。



実際には選外となることの方が圧倒的に多くて
自分ってどうなの?自分の写真ってどうなの?なんて凹むわけで。

そういう時は、自分が楽しければいいんじゃない?
コンテストなんて意味なくない?とか激しく自問自答もします(笑)。


でも、自分の目指す「語る写真」に近づくためにはそういうことも必要なんだと。

なので、凹むときはこの写真を励みにしたりするのです。


今回はそんなど~でもいいお話。



CanonEOSMark3


No comments:

Post a Comment