Sunday, June 15, 2014

木漏れ日に



そう、それは「ある猫」の生きた証



そして



これは「ある人間」の生きた証







いつか「生きた」ことさえ忘れ去られたとしても

猫はてんでお構いなし


その執着のなさが羨ましい





過去も未来もどうでも良くて

「いま」を、身構えることもなく生きるだけ


その佇まいが羨ましい。


そんなことを思う

ある梅雨中休みの日






Canon EOS5D MarkⅢ


 

No comments:

Post a Comment